お子さんが死亡した場合の損害賠償

弁護士は頼れるパートナー

MENU

お子さんが死亡した場合の損害賠償

お子さんの未来を代償させる

小さなお子さんが交通事故などの不測の事態で亡くなってしまった際、悲嘆に暮れて食事も喉を通らないという親御さんがほとんどだと思います。
そんな中で立ち向かわなくてはいけないのが、お子さんの命に対する損害賠償請求です。
今回は、交通事故を例にとって、お子さんが死亡した際の慰謝料の請求額について見ていきましょう。

慰謝料の内訳とは

交通事故で亡くなった方の損害賠償で請求可能なものは、葬儀費用や慰謝料、そして逸失利益と呼ばれるお金です。
葬儀費用はその名の通りですが、慰謝料は家族を亡くした遺族が安定した生活を送るために必要なものです。
基本的には一家の大黒柱として働く大人であれば約3000万円、就労前のお子さんであれば2000万円前後の慰謝料が支払われます。

逸失利益の計算方法

逸失利益とは将来的にその人が稼いでいたであろう金額を表します。
原則として就労前のお子さんについては、全年齢の平均的な賃金を利用して、18歳から67歳まで勤務したと仮定した額を損害賠償として請求します。
その際、仮想した賃金の5割は生活していく中で支出した額として控除されることにご注意ください。

 

そうして算出した賃金にライプニッツ係数という数をかけて生まれるのが逸失利益です。
なぜこうした係数をかけるのかというと、賠償金として受け取ったお金にかかる利息をあらかじめ控除し、損害を賠償してもらう側が不当な利益を得ることを防ぐためです。

過失相殺の可能性も

被害者であるお子さんに過失があった場合には、損害賠償が減額される可能性もあります。
ただし、小さなお子さんが被害者となったケースでは、弱者保護の観点から自動車側に求められる回避責任が大きくなる傾向にあります。

交通事故に強い弁護士を

こうした損害賠償請求に臨む際には、交通事故に強い弁護士を味方につけましょう。
扱ってきた事例が豊富で、こちらの話を親身になって聞いてくれる弁護士であればお子さんが被った損害に見合った額の獲得に繋がるはずです。
交通事故訴訟の際には、ぜひ弁護士事務所をお訪ねください。