離婚裁判のスピード化へ

弁護士は頼れるパートナー

MENU

離婚裁判のスピード化へ

離婚裁判が長引くと

離婚は人生の節目であり、新たな旅立ちでもあります。
連れ添った男女が別れを告げ、新生活をスタートさせるべく離婚に踏み切ろうとしているのに、裁判が長引いてしまい泥沼状態。
こうした事態を防ぐためにも、今回は離婚裁判を早く切り上げるための方法について見ていきましょう。

離婚の種類と裁判

全ての離婚が裁判までもつれるわけではありません。
多くの場合は協議離婚、いわゆる当事者同士の話し合いで決着がつきますし、裁判所の調停委員を交えた離婚調停も、第三者を挟んだ対話になるため譲歩しやすい

離婚方法です。


競技や調停で決着がつかなかった夫婦で決着をつけるのです。
これは原則として法廷で行われ、第三者にも公開されます。

裁判離婚の要件

裁判離婚を起こすためには不貞行為や実質的な婚姻の破綻を引き起こした重大な自由の存在、生死不明の状態が3年状続いているといった要件が必要です。
この中でよく見られるのが不貞による離婚であり、お互いの主張が食い違いやすいポイントでもあります。

判決の他に和解や取り下げも

離婚裁判は必ずしも判決を得るまで戦わなくはいけないという裁判ではないということが、スピード解決を目指すうえで意識したい点といえます。
訴えを取り下げる、もしくはお互いの主張の折衷案で離婚に臨む和解という解決方法もあるのです。
離婚裁判では、こちらの主張が裁判官という第三者に認められることが重要となります。
自らの言動を補足する資料、例えば夫の不貞や家庭内暴力によって傷ついた心情を吐露した日記などは、離婚裁判における有力な証拠として位置づけられているのです。
この他にも、医師の診断書や証拠となる写真、音声データ、動画、領収書といった物的証拠も裁判官に主張を認めさせる要因となり得ます。

証拠の提示と和解

上記のような証拠を提示したうえで弁護士を通じて和解案を提出すると、相手方の反応が変わることもあります。
和解案としては財産や親権など、譲歩せざるを得ない点もあることでしょう。
しかし、だらだらと離婚裁判を続けることのメリットはほとんどありませんから、和解に踏み切るという決断を下すこともときには必要なのです。

弁護士のアドバイスを聞いて

弁護士は皆さんの代わりに離婚訴訟の手続きだけでなく、法定にも立ってくれます。
離婚に強い弁護士は経験も豊富なので、どのように立ち回るべきかというアドバイスを仰ぐのも良いでしょう。