弁護士は頼れるパートナー

弁護士は頼れるパートナー

MENU

強制執行とは

債務を強制的に回収する

民事裁判の判決や和解調書によって算出された債務を、裁判所という公権力に徴収してもらうことを強制執行といいます。
強制執行は、債権者側が裁判などで判決を確定させただけでは有効になりません。

 

いくつかの手続きを滞りなく実施しなくては債務を回収することは出来ないのです。
今回は、強制執行の手順や注意点について詳しく見ていきましょう。

執行の前にすべきこと

強制執行をする条件として欠かせないのが、債務名義と呼ばれる公的な文書です。
裁判所の調停によって和解に達したのであればその旨が記された文書が、民事裁判の末に賠償認容を勝ち取った際には確定判決が債務名義として機能します。
この債務名義に対して裁判所が執行文というお墨付きを付けてくれることで初めて強制執行の第一歩を踏み出せるのです。

 

さらには、債務名義を債務者に送付しなくてはいけません。
和解調書や調停調書の場合は債権者の調停が必要ですが、判決の場合には裁判所が送付してくれます。

強制執行の種類

強制執行は債務として徴収する対象によって2つに分類されます。
自宅などの所有不動産を差し押さえ、競売にかける強制執行が不動産執行です。

 

不動産強制競売申立書をはじめとした書類が必要になるので準備しておきましょう。
骨董品や貴金属などの動産を対象にする強制執行は動産執行と呼ばれています。

 

 

 

銀行預金に対しての強制執行

債務者が銀行などに対して債権を持っていた場合、強制執行と同時にその債権を差し押さえることが出来ます。
銀行などの第三者は、強制執行から一週間経つと債務者の債務に対する債権者への弁済について、どのような態度を示すか陳述書で回答することになります。
債権者に支払う金額や債務者への債権を抗弁自由とした相殺の申し立てなど、陳述書の内容によって債権者が回収出来る債務の額が変わってきます。

弁護士に依頼した方が楽

強制執行の概要についてご紹介してきましたが、実際に強制執行をする際には複雑な手続きがいくつも待っています。
正当で確実な執行を実現したいと考えている方は、ぜひ弁護士に依頼しましょう。
法律のプロである弁護士は、依頼者である皆さんに寄り添った対応で債権を回収してくれるのです。

電話勧誘販売と不法行為

執拗な勧誘による商品の購入

電話でのセールスや勧誘に対して、どうしても断り切れなかったから購入してしまったという人はいませんか?
毅然とした態度で臨むべきなのはもちろんなのですが、もし購入してしまったとしても焦る必要はありません。
今回は電話勧誘販売に対する損害賠償について詳しく見ていきましょう。

特定商取引法とは

民法における重要な考え方の一つとして公序良俗というものがあります。
こちらは、特定の行為が公の秩序や善良の風俗に反するものかどうかを判断基準として性質を見極めるというものです。
電話勧誘販売は公序良俗の考えとともに、特定商取引法に照らし合わせたうえで不法行為となるかどうか判断しましょう。

 

特定商取引法では電話勧誘販売についての規制を設けており、これに違反していることは不法行為を構成する違法性を満たすことになります。
具体的には、事業者の名前や商品名に関する告知をしないことや、重要な事項について消費者側に伝えることなく契約にこぎつけることを禁じているのです。

消費者が販売者に

さらに、電話勧誘販売において禁止されている事項としては、業者側が消費者を販売員として電話をかけさせる中で、商品の具体的な名称や事業者の名前を開示しないような形で電話対応をするような要請を禁じています。

クーリングオフの活用

電話勧誘販売において不利な契約を結ばれたと感じたら、クーリングオフの制度を利用しましょう。
クーリングオフとは書類の確認から八日以内であれば契約を解除出来るという規定です。
事業者側はこの制度に関する説明書きを書面に記載する義務があります。

損害賠償を求めるには

特定商取引法や公序良俗に違反する電話勧誘販売は、不法行為による損害賠償の請求対象となります。
代金の返還はもちろんのこと慰謝料も請求可能ですし、従業員だけでなく販売業者に使用者責任を追求することも出来ます。
ただし、すべての電話勧誘販売がこうした要件を備えているとは限りません。
損害賠償を請求すべきなのかがわからないという人は、お近くの弁護士事務所を訪れてみましょう。
客観的な立場から、損害をどのように回復したら良いのかアドバイスしてくれるはずです。

 

 

更新履歴